計算能力検定

公開会場: 2018年 11月 11日
特別準会場: 2018年 10月 26日
2018年 11月 3日
2018年 11月 11日
計算能力検定受検のお申込みはこちら

計算能力検定受検者の声

国際標準計算能力検定を受検され、合格されたみなさまの声をいただきました。


  • 北中城村立 北中城中学校 1年
    安谷屋 佳歩さん
    (2011年 受検)

    計算能力検定合格者の声

    Level 6クリア 「自信につながった」

    そろばんを習っており、今の自分の計算能力がどのくらいあるかを知りたいと思い、受検しました。時間内に素早く問題を解くことが出来たので、これまでやってきたことに自信がつきました。次回は、スピードと合わせて正答率も上げていきたいです。

    計算が得意なことで、買い物をする時に商品の合計金額の計算が早くできるようになり、計画的に買い物をしています。計算能力は将来、仕事でも必ず役に立つ力なので今後もスピードと正確性の両方を高めていきたいです。

  • 長島町立 長島中学校 2年
    竹之内 大輝さん
    (2011年 受検)

    計算能力検定合格者の声

    Level 8クリア 「GRAND MASTERを目指したい」

    テレビのクイズ番組で数学の問題が出題され、それがとても面白くて、今の自分の計算能力がどのくらいか知りたくなり、受検しました。6月にレベル7を受検し、9割以上正解してMASTERの称号が取れたので、11月にはレベル8を受検しました。レベル8も合格はできましたが、JUNIOR MASTERだったので、もう一度レベル8に挑戦して今度はGRAND MASTER(満点)を目指したいと思っています。

    将来の夢は中学校の先生になることです。そのために毎日の授業にしっかり取り組み、分からない問題は、そのままにしないで友達と教え合いながら楽しく勉強しています。今では簡単な計算であれば暗算できるようになり、友達から問題を聞かれたときに早く答えられるようになってきたと思っています。また、計算に力を入れるようになってから、毎日のスケジュールの組み立て方が上手くなり、生活習慣を見直すきっかけにもなりました。

  • 港区立 青山小学校 5年
    大橋 彩里さん
    (2011年 受検)

    計算能力検定合格者の声

    Level 4クリア 「自信と向上心につながる」

    最初の基礎計算で、予想以上に早く計算ができたので、自分の実力に大変驚きました。これは、日常的に計算練習に取り組んでいる成果だと思います。また、家のお花屋さんのお手伝いをしている中で、お客様をお待たせしないようにおつりの計算を素早くしようと心がけていることも今回の結果につながっていると思います。

    合格できたことで、計算に自信がついたと同時に、より上を目指したいと向上心がわいてきました。これからも検定に挑戦していきたいと思います。

  • 上野原市立 秋山中学校 1年
    佐藤 真紀さん
    (2011年 受検)

    計算能力検定合格者の声

    Level 6クリア 「いろんな場面で役立つ計算能力」

    これまで学習してきた内容をしっかり理解できているか確認してみたいと思い、レベル6を受検しました。分数の割り算や複雑な計算問題は解いていて難しいなと感じることもあり、自分の苦手分野を知ることが出来ました。今回間違った問題はしっかり復習して、これからの勉強に役立てていきたいと思います。

    計算能力は数学だけでなく、いろいろな場面で役に立っていると思います。私の場合、体育で持久走の授業をやっていて、ラップタイムの計算が前より早くなったと感じています。また、将来どんな仕事についたとしても、モノを作ったりするときなど、計算をする機会は多くあると思うので、数学に関係のないような仕事でも計算は役に立つと思います。だから、私はこれからも計算能力を高めていきたいです。

  • 三重県立 四日市中央工業高等学校 1年
    二野 裕基さん
    (2011年 受検)

    計算能力検定合格者の声

    Level 8クリア 「検定に合格することで、自信を持つことができた」

    計算問題は、たくさん解けば解くほど計算能力は高まり、難しい問題が解けたときには大きな達成感もあります。そこで私は日頃から簡単な問題から難しい問題まで、とにかくたくさんの問題を解くように心がけています。

    計算能力検定では最初に基礎計算の問題を解いたことで、レベル別問題で少し複雑な問題が出てきても集中して答え導き出すことができました。今回、「MASTER」の称号をもらえたことで自分の計算能力に自信がつきました。計算は理系科目の基礎となります。これからは自信を持ってさらに難しい問題にも積極的に挑戦していきたいです。

  • 墨田区立 向島中学校 3年
    小山 輝人さん
    (2011年 受検)

    計算能力検定合格者の声

    Level 8クリア 「計算練習で実力アップ」

    検定を通して計算能力を向上させたいと思い受検しました。受検を決めてから、検定日までの間、計算練習に取り組んだことで、より自分の計算能力に磨きがかかったと思います。分からない問題があれば先生に尋ねるなどした後、自分で解けるようになるまで繰り返し練習しました。結果、良い成績をおさめることができました。

    将来は生物学者になりたいと思い、今は夢に向かって動物番組を見たり、WWF(世界自然保護基金)に加入し、様々なボランティア活動にも参加しています。将来の夢をかなえるために計算は必要な能力です。これからも練習を重ねてレベルアップしていきたいと思っています。

  • 墨田区立 向島中学校 3年
    打田 翔弥さん
    (2011年 受検)

    計算能力検定合格者の声

    Level 8クリア 「他の教科に比べて学習しやすい」

    僕は計算が好きなので、楽しみながら検定を受けることが出来ました。計算や数学は、新しい分野を学習する時に、既に学習した内容を応用したような形が多いので、他の教科に比べて勉強しやすいと感じています。それでも、学年が上がるにつれて、難しい問題が増えてきますので、今の実力に過信することなく、計算能力を高めていきたいと思います。
    将来は文房具を作る仕事に就きたいと考えており、今は、自分なりに文房具の使いやすさを追求し、ペンと紙の角度を研究するなどしています。