計算能力検定

公開会場: 2017年 8月 27日
特別準会場: 2017年 8月 19日
2017年 8月 27日
計算能力検定受検のお申込みはこちら

計算文章能力検定とは ~計算は数の世界の言語~

計算能力を身に着けることのメリット

来、社会で活躍するためには、どんな職業に就くとしても、社会人として、基礎学力はもちろんのこと、分析力・数学的能力・論理的思考力などの数学的素養は絶対に必要な能力です。そして、そのベースになる力が「計算能力」です。

行きたい学校、やりたい仕事・・・将来の夢が見つかったとき、数学嫌いが理由でその夢がくじけてしまわないよう、土台となる計算能力からしっかりと身につけておくことが大切です。速く正確に計算する力が身につくと、算数・数学の問題がすらすら解けるようになって楽しくなり、自然に成績も上がります。数学ができないことを理由に夢をあきらめる必要もなくなり、その分将来の選択肢も広がります。

計算文能力検定
計算文能力検定

計算能力の重要性

計算能力検定は、数学学習のための基礎である計算能力を強化することを目的として作られた検定試験です。計算能力を確実に鍛えることによって、将来勉強する数学の土台固めをすることができます。

また、反復学習により計算問題をひとつひとつクリアすることが自信につながり、自然と学力向上に結びつきます。

代数計算って?

計算能力検定は、反復学習による計算能力の強化を目的としているため、代数(数式で表現される数学)の計算問題のみを出題しています。このため、文章題や図形の問題は出題範囲に含まれません。

計算能力検定の特長

算数・数学・その他あらゆる教科の土台となる能力が確実に身につく!

計算能力検定は、計算能力強化のための内容に絞り込んだ出題をしています。その内容は、分数計算など小学生レベルの問題から、高度な方程式、不等式まで様々で、段階を踏んで無理なく力がつく構成となっています。このような計算能力をしっかり身につけることで、数学だけでなくあらゆる教科をスムーズに学ぶ土台ができ、将来の可能性も広がります。

達成感と自信につながる!

計算問題を速く正確に解けるようになるには多くの練習が必要です。そして、計算能力とは、練習の積み重ねや努力によって必ず伸びる力です。計算能力検定を、そのレベルやスピードを測るために利用することで、「がんばればできるようになる」という達成感と自信につながり、学ぶことの面白さを体感できます。

たとえば、初めてさかあがりができるようになったときや、自転車が乗れるようになったときのことを思い出してみましょう。できなかったことができるようになると、それまで辛いと思っていた練習が楽しくなったり、自分に自信がついたりしませんでしたか?どんなに小さなことでも、努力してやり遂げたときは、誰でも「やった!」という達成感を味わい、楽しさ・面白さを体感することができるのです。

計算能力は、やればやるほど上達するため、今は苦手意識を持っている人でも、努力次第で必ず面白いと感じられるようになり、成績も上がります。

計算文能力検定
計算文能力検定

集中力を高めよう!

計算問題を時間内に大量にこなす練習をすることで、集中力とすばやい処理能力が身につきます。計算能力検定では、スピードチェックのため、たとえば「百ます計算」の問題も一部に取り入れており、こうした単純な計算をいかに速く正確にこなすかという問題を解くことによって、集中力も磨かれていくと考えています。

自分の弱点、間違えたポイントがはっきりわかる!

計算能力検定の検定結果通知は、レーダーチャートで設問ごと、分野ごとに得点が表示され、また合格者の成績との比較もできるようになっています。このため、自分の得意・不得意分野を把握し、その後の学習を進めていく上でも役立てることができます。